会期
2024年3月2日ー3月3日
場所
森ノ宮医療大学
会費
8,000円
内容
今年度はメインテーマを「未来の地域移動・自動車運転を考える」とし、自動運転など将来的な地域移動に関する情報も含めた特別講演や、事例報告や研究につなげるためのシンポジウム、教育講演、演題発表を企画しております.

●特別講演「自動運転の現状と動向」
伊藤誠先生(筑波大学システム情報系教授)

●大会長講演「未来の情報生産者になろう、driving & community mobilityの臨床と研究」
外川佑先生(山形県立保健医療大学作業療法学科准教授)

●教育講演1

『地域で作業療法士が出来る「Community mobility」の実践とは』
永島匡先生(株式会社Reha Labo Japan モビリティ事業部門 責任者)
●教育講演2
「運転ができなくなったときの移動・外出手段について」
河崎民子先生(NPO法人全国移動サービスネットワーク副理事長)

●シンポジウム
「臨床家必見!!未来につなげるdriving & community mobilityの臨床研究、事例報告のススメ」
①外川佑先生(山形県立保健医療大学作業療法学科)
②森松千夏先生(医療法人 翠清会 梶川病院、山形県立保健医療大学大学院博士前期課程)
③田中創先生(名古屋市総合リハビリテーションセンター、OT協会運転と地域移動推進班委員)
④那須識徳先生(農協共済 中伊豆リハビリテーションセンター)

リンク先
https://otdriving-support.jimdo.com/運転支援従事者向け情報-1/第9回研究大会/