■常 勤:2人
■非常勤:2人
■施設の概要
11月新規開業予定の整形外科と運動器リハビリテーションに特化したクリニックです。代表医師は25年ぶりに地元に帰って参ります。四日市市の中心部から5㎞ほど南下し、あすなろう鉄道泊駅から西に80mの立地です。超音波ガイド下筋膜リリースと運動器リハビリテーションの融合を実践したいと考えています。また、代表医師が考案した腰痛の改善の仕方を伝授いたします。基本的な姿勢としては作業療法士さんにリハビリテーションのメニューを考えていただき、自主性を尊重します。企業理念はみんなを笑顔にすることです。電子カルテやサカイメディカルの低周波治療器などの最新の医療機器を導入しますので、新しく自分で学び、問題点を解決し、向上心がある方にはぴったりの職場環境を提案できると自負しています。また積極的に研究会・学会参加をしていただき、参加費・交通費・宿泊費をクリニック負担で2回/年支給致しますので、やる気と元気があれば、どこまででもご自身の能力を高めていけると思います。

■業務内容
整形外科疾患に対する運動器リハビリテーションをしていただきたいと考えています。脳卒中のリハビリは行いません。ディズニーランドのような雰囲気の職場つくりを目指していますので、仲間になってください。例えば、腱板損傷やSLAP損傷になど代表される肩関節周囲炎のリハビリテーションで疾患が改善する方法を考え出しておりますので、一緒に患者さんの問題点を解決できるようにお導きいただきたいです。治療が行き詰まる前に他職種でのカンファレンスを随時行いながら、リハビリテーションを遂行できるようにしましょう。当院には超音波とレントゲン・DEXAを導入し、CT・MRIはありません。これは総合病院に劣る欠点かもしれません。しかしながら患者さんが本当にとって欲しいのはCT・MRIではなく痛みです。当院では手術は行いませんので、CT・MRIを導入しないことにしました。超音波診断はめまぐるしく技術が進歩しています。エコーがMRIの代替になるわけではありませんが、エコーを一緒に勉強しながらリハビリテーションを提供するとことで、可動域制限や痛みを改善する方法を一緒に模索して行きましょう。

■備考
社会保険です。今の給与UP保障します。希望年収は交渉に応じます。車通勤可能です。2㎞以上離れたところからの通勤者には交通費支給します。週休完全2日制で毎週連休です。8時間勤務です。08:15-12:15と15:00-19:00です。残業の場合は1分単位でx1.25で残業代発生しますが、極力残業はしないように考えています。非常勤希望の方は2-3コマ/週からの勤務で可能です。働き方は臨機応変に対応させていただきます。当方は日本医師会産業医ですのでストレスチェックや有給取得の要項は十分理解しているのでご安心してください。社会労務士の介入があります。福利厚生はジェットスキーや食事会などを開催しますが、食事会の強制参加はありませんので、苦手な方も安心です。

 

四日市泊駅西整形外科腰痛頭痛クリニック

〒510-0892
四日市市泊山崎町2-14
TEL:0593471000
代表医師:堀 元英
author3cityform@yahoo.co.jp