スポーツレクリエーション大会に参加して

 2018年2月25日(日)に三重県作業療法士会スポーツレクリエーション大会に参加させていただきました。今回は、北勢チームと南勢チーム、福利部チームでの総当たり戦で風船バレーを対戦しました。公式に沿って行った風船バレーは、私が想像していた風船バレーとは違いとても難しく慣れるまで苦戦しました。

 試合中は、ラリーが長く続いたり、風船の軌道が変化しアウトだと思ったら入っていたりと、ドキドキの試合で楽しく対戦することができました。参加者のお子さんも含めて行い、小さい体ながらも力強いアタックや反射神経抜群なアプローチを行っていて、圧倒されました。お子さんのパワーのおかげで、より一層雰囲気も和みました。

 今後、勉強会や行事に参加するにあたって、横のつながりを広げていき、臨床での疑問や悩みを聞いていただく機会も増えると思います。今回の風船バレーを通して交流ができたのはとても貴重で大切なことであると感じました。今後もこのような機会があれば参加したいと思いました。

(文責:桜木記念病院 辻本真子)

 今回、三重県作業療法士協会開催風船バレーボール大会に参加させて頂きました。子どもから大人まで多くの方が参加されました。競技中は全部の試合が接戦で大人から子どもまで楽しく真剣になってできる競技でとても有義な時間を過ごせました。競技中、笑い声と歓声は競技の最後まで途切れることはありませんでした。子どもたちの競技の上達ぶりが早く、大人が驚くほどでした。子どもの競技へ熱心に取り組む姿は大人の心を熱くさせ、楽しく競技を行う姿は大人の心を躍らせました。子どもたちと協力して風船バレーに参加することは競技の中での醍醐味の一つであると思いました。大人同士でも声を掛け合ってコミュニケーションを取りながら競技に参加できたため作業療法士同士での良い交流の機会であったと感じました。  

 今回の風船バレーボール大会は皆が楽しく話し合い、真剣に協議に協力し合ってできる良い競技だったと感じました。今後機会がありましたらぜひ参加したいと思います。

(文責:松阪市民病院 柿本竜摩)

 

http://mieot.com/wp/wp-content/uploads/2018/03/1.jpg

http://mieot.com/wp/wp-content/uploads/2018/03/2.jpg

http://mieot.com/wp/wp-content/uploads/2018/03/3.jpg