■日時
2021-08-28

■場所
「Zoom」を使用したオンラインでの開催となります。
インターネットに繋がっているパソコン、スマホ、タブレット (カメラ、マイク付属)で どこからでも受講できます。

■内容(概要、対象、定員、参加費など)
『姿勢保持は筋力低下やバランス不良だけではありません。身体機能だけでなく認知機能や知覚機能も大切な構成要素です』
日時:2021年8月28日 (土) 14:00~17:00
対象:作業療法士、理学療法士、看護師
定員:5名
参加費 5,980円(税込)
講師:青木 將剛(作業療法士)
申込み期限:2021年7月20日 (火)

ポジショニング TO シーティング とは...
座位という姿勢からアプローチするのではなく、「臥位姿勢から過緊張や低緊張の異常姿勢筋緊張をポジショニングによりコントロールし、座るための準備状態を整えてから座位姿勢や動作を引き出していく」というアプローチです。
慢性期で全介助の生活を数年間続け、全身の筋緊張が高く拘縮していると判断されていた症例で、関節拘縮や円背、側湾、失調症状、バランス不良、筋力低下、廃用症候群、褥瘡がある方や二次障害を重複している方の場合、周囲からのケアやアプローチは難渋し、シーティング技術だけでは座れない人はたくさんいらっしゃることでしょう。(詳細URLより画像をご覧ください)
しかし、臥位から筋緊張制御を行い姿勢全体を変えてしまえば、普通型車椅子でも十分座れるようになります。これがポジショニングからシーティングを行う原理です。
ポジショニングで関節拘縮を緩和させ身体全体が柔らかくなる効果を共有しましょう。

■URL(勉強会詳細がわかるリンク先)
https://www.meducation.jp/seminar/detail.php?id=35352

■主催、問い合わせ先
日本ユニバーサル リハビリテーション協会
TEL 042-208-0102
http://universalreha.com/

■備考
参加費につきましては、クレジットカード決済または銀行振込のお手続きをお願い申し上げます。
詳細はお申込み後にご連絡いたします。