2019年11月30日、12月1日に、石川県作業療法士会主催の、東海北陸リーダー養成研修会に参加させていただきました。この研修会は東海北陸の7県士会が持ち回りで主催をしているもので、次世代のリーダーを育成していくための研修会です。今回のメインテーマは、各職場における中堅スタッフ(後継リーダー)育成の取り組みと課題というものでした。内容としては、臨床実習や日々の業務の中で、学生や後輩を育成していくうえで、どのように実践し、試行錯誤しているか、アイディアの出し合いや課題の共有を、主にグループワークを通して行われました。他県のOTと話をする良い機会であり、様々な取り組み、情報を得ることができました。

 また、特別講演は石川県作業療法士会顧問 青山彩光苑の認定作業療法士 今寺忠造先生でした。今寺先生の、これまでの経験を踏まえた上で、厳しい現状にどう立ち向かうか、管理者(リーダー)として、これからを担うものとして、今何が必要とされているかを、時に厳しく、時にユーモラスにお話をしていただきました。その中の一つとして、挨拶の「重要性」について語られていました。自分から先に気持ちよく挨拶をすることで、コミュニケーションを円滑に、相談事もスムーズにできると言われていたのが印象的でした。また、この研修会の特徴として、「夜の部もメイン」というものがあります。いろいろな先生方と、楽しく真剣に話しながら、ご当地の名物をいただくことができました。

(文責:ヨナハ総合病院 服部智史)

http://mieot.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/edc7bf7e239f0863ff74d4c5c87d6351.jpeg

http://mieot.com/wp/wp-content/uploads/2019/12/6398601c1a2deffa1dad766ef690ccfa.jpeg